パキスタン

普段何気なく使用しているサッカーボールですが、
国際試合で使われている高級なサッカーボールは手作りなのをご存知でしたか?

サッカーの国際試合で使われる高級なサッカーの
約8割はパキスタンで製造されています。
高級なサッカーは手縫いで作られていて、
大人に混ざって子どもも一緒にボールの縫い合わせをしています。

サッカーの縫いあわせをする子どもの数はパキスタンでは約1万5千人、
インドではパンジャブ州だけで約1万人といいます。
実際ユーロ2000で使われた公式サッカーの中には
子どもによって作られたものがあることが明らかとなっています。

日本の子どもたちにとってボールは蹴るものですが、
パキスタンやインドの子どもたちにとってボールは生活を支えるものです。
私達は毎日、当たり前のようにサッカーをしています。
しかし「今」、世界ではサッカーをしたくても出来ない子供たち、
サッカーボールを買えずサッカーが出来ない子供たちがたくさん存在しています。

そういった人々もいるということを忘れずにプレーすれば
フェアプレーの精神になれるのではないでしょうか。

サッカーボールのリンク