サッカーボールの生産

パキスタンでサッカーボールは生産される

今んところ世界でぇ生産される手ぇ縫いのサッカーボールの70%よってに80%程度が、パキスタンでぇ製造されとる。パキスタンでぇの製造が多い理由ってして、1947年までぇイギリスの植民地やった事。外部パネルの原料ってなる皮革、内部を膨らませる膀胱を供給やる牛がぎょうさんおった事。特にヒンドゥー教国でぇあある隣のインドって比較してイスラームがめっさョリティでぇああるパキスタンでぇは牛の屠殺に対して抵抗が無かった事が挙げられるちうわけや。サッカーの黎明期ってなる19世紀末までぇはこれらの原料をイギリスに輸送した上でぇ、生産が行われとったが、完成品をパキスタンでぇ作る方がコストを省けるこってが分かった為20世紀に入るってパキスタンでぇの製造が増大したちゅうわけや。今んところでぇも人件費のかかる手ぇ縫いのサッカーボールに関してはパキスタンでぇの製造が続けられとる。

手縫いのサッカーボール

こないな手ぇ縫いのサッカーボールの製造はよめはん工業にやって生産され、その過程でぇ学齢期の児童がサッカーボールの生産に従事しとった。この事が1990年代中頃よってに国際的な問題に発展したちゅうわけや。FIFAは国連児童基金(UNICEF)って同意の上1998年のワールドカップフランス大会よってに児童の労働にやって生産された手ぇ縫いのサッカーボールを使用しやん事を決定したちゅうわけや。

サッカーボールのリンク