スパイクの選び方

サッカーのスパイク
スパイクの正しい選び方、手入れができていますか?
自分の足に合っていないと力を出せないだけでなく怪我にもつながります。
手入れをしないと消耗も早くなってしまいます。
手入れをしっかり行えばシューズが足になじみ全力を発揮しやすくなります。
スパイクはこのようにサッカーをするうえで最重要アイテムといえます。

定番

アディダスはティエンポ、プーマはパラメヒコ、ナイキはレジェンドなど各メーカー定番の品がありますね。
定番があるということは、新作がでても生産中止になる事もあります。
お気に入りのスパイクが製造しなくなったときのショックは計り知れません。
定番のシリーズをオススメします。

選び方

多種多様なスパイクがあって購入するのに迷いますよね。

目的によって購入するものが変わります。
履きやすさは当然として、どのようなグラウンドで使うか、外見、価格など。
参考にしていただけたらと思います。

履き心地

スパイクはスニーカーよりも慎重に選ぶ必要があります。
専門店員に聞くのがベストです。
両足に履いて紐をしっかり縛って歩いてみてください。
つま先は窮屈じゃないですか?大きすぎると"地球を蹴る"ことになってしまいます。
甲は痛くないですか?痛い状態でボールを蹴るとさらに痛くなります。
履いたままボールを蹴るイメージをしてください。
あとは実際にグラウンドで使用してみましょう。
店の中でボールを蹴るわけにはいかないですから。
使っているうちに痛かったり疲れたりしたら足にあっていないということですね。
購入はネットのほうが安い可能性が高いので、型番を控えて検索して相場を調べましょう。

グラウンド

どこのサッカーのグラウンドで使用するのかで対応したシューズを選びます。
正確には、ポイントの選択が重要ですね。
ポイントとはスパイクの裏についているイボイボのことです。
カタログにも芝用、硬いグラウンド用などが記載してあるものがありますので参考にしてください。
商品名にもFG(ソフトグラウンド)),HG(ハードグラウンド)などが記載されている商品もあります。
ポイントとグラウンドが対応していないとポイントの減りが早くなったり、滑ったりします。
グラウンドによってスパイクを変えるのがベストですがコストもかかりますので
主に使用するグラウンドに合わせれば十分だと思います。

デザイン

機能には関係なさそうですが意外に重要です。
デザインが良ければスパイクに愛着もわきますので手入れもしたくなり大切に扱えます。
大切に扱うということは怪我の防止にもなります。
デザインはあなたの個性を生かしてください。
10年くらい前はサッカーのシューズはほとんど黒でした。最近ではオシャレなデザインが増えています。
ただし、デザイン重視で選んでしまうと履き心地が悪かったり怪我につながりますので
履き心地、使用するグラウンドに合わせてらんでくださいね。

値段

もちろん、安いにこしたことはありません。
しかし、怪我をしないためにも、上記3つを満たした上で選びたいです。
安いシューズは皮が硬いものが多く、動きにくいかもしれません。
逆に高いシューズは皮が柔らかく、履き心地も良いです。
定価が高くて安売りしている商品がオススメです。
公式戦などがなく履き心地も良くて安く済ませたい場合はフットサルシューズでもいいでしょう。
スパイクに踏まれた場合は痛いので注意してください。

固定化

色々履いてみたい!という人も多いと思いますが,私は履くモデルを決めています。
有名なのですがプーマのパラメヒコ
というスパイクです。
もちろん、そこにたどり着くまでに様々なシューズを履きました。
そのときは買うたびにどれにしようか、悩みました。
8歳でサッカーはじめて20歳で決まったので12年間いろいろ履いていました。
廃盤になってしまった物がほとんどですが。
ですので、メジャーな廃盤にならないモデルがいいですね。
今では自分にあったスパイクが決まっているので購入するときは楽です。
消耗品ですので安かったら買うだけです。常にネットで最安値を検索してますね。
だいたい1年間で4足使い切りますので買い溜めも有効です。

スパイクの手入れ

使用後にやること

  1. ブラシで汚れをとります。
  2. 中敷を外します。(中敷がないものもあります。)
  3. シューツリーをいれます。ない場合は新聞紙をいれます。
  4. クリームをぬります。
  5. 風通しの良いところで陰干しします。

雨の日の手入れ

  1. ブラシと水で洗います。
  2. シューツリーをいれ、陰干しをして乾かします。ない場合は新聞紙をいれます。
  3. クリームを塗ります。
  4. 再び陰干しします。

濡れている状態からの陰干しなので乾くまでに時間が掛かります。
乾いていない状態で履くと痛みが激しくなりますので、
可能ならば2足目のスパイクを使用しましょう。

手入れが面倒だ!という人は

  • スパイクの紐を緩める。
  • 中敷をはずす。
これだけは簡単にできますのでやってください。

交換次期

シューズの交換次期は、言うまでもなく破れるまたはポイントがなくなったらです。 シュートの力が伝わらなくなるといった技術的なことだけではなく 破れた場合はソックスの破れ、汚れ、ポイントがなくなった場合は軸足が滑るなどの弊害があります。

小さいボール

サッカーボールのリンク